【目次】

ED(勃起不全)は多くの男性が発症し、満足のできる性交渉ができなくなってしまいます。また、パートナーにも、同じような思いをさせてしまうことになります。そうならないためにも、EDの治療を行っていくことが大切です。
ED治療で薬を薦める医師治療方法は薬剤療法が主流となっており、治療薬を服用するとともに、その原因となっている問題点を解決していくことで改善させることも可能です。
使用するED治療薬は、主成分によって効果の現れる時間や持続時間が異なるため、自分に合ったものを選ぶようになります。
よく利用されるのは、服用してまもなく効果が現れてくる即効性タイプ治療薬で、中でも「バイアグラ」は発売当初から世界中で爆発的人気を博した薬です。
現在でもED治療薬としての人気はありますが、薬代が高額なため最近ではジェネリックを使用している人もいます。ここでは、バイアグラのジェネリックの特徴を知って、賢く利用していきましょう。

バイアグラジェネリックの効果は先発薬と同じ?

バイアグラの錠剤バイアグラの主成分は「シルデナフィル」と呼ばれるもので、多くの男性が悩んでいるED(勃起不全)を改善させる働きを持っています。
そのため、ED患者が性行為を行う30分ほど前にバイアグラを服用することで、陰茎が勃起して性交渉が可能となります。
服用することで、シルデナフィルが体内でどのように作用するのかというと、環状グアノシン一リン酸(cGMP=膀胱や血管などの壁に存在する平滑筋の弛緩に関わる物質)の分解を行う、5型ホスホジエウステラーゼ(PDE-5)という酵素の活性を阻害する働きを持っています。
環状グアノシン一リン酸が血管の平滑筋の弛緩をコントロールすることにより、血管の緊張が解けて緩みます。これによって、滞りがちだった血流が改善されます。
しかし、5型ホスホジエステラーゼの活性作用によって環状グアノシン一リン酸が加水分解されてしまうと、血管の緊張が解けず血流が改善されなくなってしまいます。
勃起状態を作るためには、陰茎部分の毛細血管が拡張し、大量の血液を送り込む必要があります。しかし、血管が拡張されなければ多くの血液を陰茎に届けることができないため、たとえ性的刺激を受けて興奮状態になっても勃起することができません。
バイアグラの主成分であるシルデナフィルには、環状グアノシン一リン酸を分解するホスホジエステラーゼを阻害する作用があるため、環状グアノシン一リン酸の働きが正常に作用するようになります。
陰茎部分の血管の弛緩の行われることになり、陰茎部の一酸化窒素(NO)作動神経も正常に働いて血管を拡張させ、血流量を増加させることができます。
勃起状態を作り出すためには、性的刺激を受けて脳が興奮し、それを陰茎へと伝えられることで初めて勃起することができます。そのGOサインを出す役目を担っているのが一酸化窒素です。
一酸化窒素が放出されることで、陰茎部では陰茎深動脈(勃起を作り出すための血管)と、螺行動脈(バルブのような役割を持つ血管)が緩み始め、さらに海綿体の平滑筋も緩むことで、大量の血液が陰茎部に流れ込むことができます。
シルデナフィルが5型ホスホジエステラーゼの活性作用を阻害することで、大量の血液受け入れ態勢の開始を知らせる一酸化窒素放出を継続できるため、勃起状態を作りだすことが可能となります。

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品は、先に開発された治療薬の主成分を使用し、同じ製造方法で生産されます。そのためジェネリックが持つ成分や効果・効能は、先発医薬品と全く同じになっています。
これはバイアグラのジェネリック医薬品でも同様のことで、先発医薬品(バイアグラ)の主成分であるシルデナフィルを使用して、先発薬と同じレベルの有効性を持たせて製造されています。
従って、バイアグラのジェネリック医薬品を服用した後に得られる効果は、先発薬と全く同じということになります。

バイアグラの歴史とは

バイアグラの主成分であるシルデナフィルは、元々は狭心症の治療が目的で、1990年代に研究・開発されました。最初の臨床試験の結果、狭心症の改善効果は期待したものではなかったため、その後の試験は中止することになりました。
しかし、被験者が未使用のシルデナフィル試験薬の返却を渋ったため、その理由を聞いたところ、陰茎の勃起作用を促進させる働きがあることが分かりました。
そこから、シルデナフィルを主成分とするED(勃起不全)治療薬が開発され、薬名「バイアグラ」として販売されるようになったわけです。
バイアグラは、アメリカ・ニューヨーク州に本社を置く世界的製薬会社であるファイザーによって、1998年に販売が開始されました。
初めはアメリカで販売されましたが、販売当初より多くのメディアによって取り上げられていたため、世界的に広まりました。
その当時は、日本ではまだ認可されていなかったため、手に入れるためには個人輸入代行業者に依頼する必要があり、ED症状に悩む日本人男性の中にも個人輸入によって購入する人もいました。
利用者のなかには、狭心症の治療薬として硝酸エステル製剤(ニトログリセリンなど)を服用している人もおり、特に高齢の硝酸エステル服用者が、バイアグラを使って性行為を行ったところ、直後に死亡するという事例が何件か発生しました。
これを受けて厚生労働省は、バイアグラを安全な方法で使用する必要があると判断し、医師の診断のもとで処方する処方箋医薬品として正規販売することにしました。
本来ならば、海外製医薬品を販売する際には、その副作用発現率や安全性のレベルなどを調べるため、日本国内で臨床試験を行ってから厚労省が承認するかを決定しますが、バイアグラについては、併用使用による死亡例も発生していたため、日本の国内での臨床試験を実施せずにアメリカの試験データをもとに迅速に承認することにしました。日本では、1999年1月25日に製造が承認され、同年3月23日から医療機関用に販売が開始されました。
1999年の販売当初は、泌尿器科・性病科・一般内科のうち、バイアグラの専門知識を習得した医療機関のみにおいて、患者への問診と多様な検査を受けたのち処方されていました。
しかし、2000年代以降になると、ED治療の専門クリニックや美容外科・心療内科などで、簡単な問診のみで処方されるまでになりました。
バイアグラのジェネリック医薬品は、2014年5月にシルデナフィルの成分特許が終了したため、それ以降は国内で入手するには医師に処方してもらう必要があり、個人的には合法な手段で輸入する方法があります。
国内処方されるバイアグラは、25mg・50mgの錠剤ですが、海外で販売されているものには100mg錠もあります。
日本では、100mg錠の製造は承認されていないため、医療機関でも処方されることはありません。

ジェネリック医薬品が安い理由とは

ジェネリック医薬品とは後発医薬品のことで、先発医薬品(すなわち新薬)の特許期間が終了した後に販売される薬をいいます。
先発医薬品を開発した製薬メーカーは、特許期間中はその有効成分や製造方法、薬剤の原料などを独占することができます。
しかし特許期間が切れると、その主成分や製造方法などは広く公開されることとなり、他の製薬メーカーでも後発医薬品として開発・製造することが可能となります。
その際、開発メーカーが独占していた情報は他の製薬メーカーでも共有できるようになるため、まったく同じ条件で製造か可能となり、効果・効能は先発医薬品と同じレベルとなります。
先発医薬品の開発では、まず病気を改善させるための有効成分を見つける必要があります。有効性が期待できるものが発見・開発できたとしても、それを人間が使用した際に安全でなければ薬として販売することはできません。
そのため、今度は有効成分の安全性を立証する臨床試験が行われます。中には、投与する量によって安全性が認められる場合と認められない場合もあるため、何度も研究・開発・試験が繰り返されます。
新薬の開発には10年~15年、もしくはそれ以上の歳月を要するものもあります。さらに、歳月が長くなればなるほど、開発費用が掛かることになり、その費用は数百億以上と莫大な額となります。
この費用を賄うためには、薬本来の価格に加算されることになります。特にバイアグラなどの処方箋医薬品では、多くの場合で同等レベルの効能を持つ医薬品との有効性の高低によって、加算される価格が上下します。
一般的に、類似薬よりも有効性が高いと認められると価格は上乗せされます。処方箋医薬品の場合、開発費用のほかにも原材料費や製造費用、人件費、販売経費など、様々な雑費がふくまれているため、どうしても高額になってしまいます。

ジェネリック医薬品と先発医薬品の価格比較

一方、ジェネリック医薬品の場合は、先発医薬品の情報をもとに製造されますが、すでに薬の安全性や有効性が認められた状態になっているため、再び研究や開発、臨床試験を行う必要がありません。
従って、ジェネリック医薬品を製造する際にも莫大な費用や、気が遠くなるような歳月は必要ないわけです。大体3年程度という短期間で製造することが可能となり、開発費用も必要ないため安価で製造することができます。
バイアグラ(先発医薬品)の1錠あたりの価格は、25mgで1,300円(税込)・50mgで1,500円(税込)となっています。
一方、後発医薬品のジェネリックは、東和薬品株式会社・キッセイ薬品工業株式会社などで製造されており、その1錠あたりの価格は、2社ともに50mgで1,000円(税込)で、先発薬の50mgで比較すると500円ほど安価となっています。
ED治療薬は、一般的な治療薬とは異なり性行為をする際に服用します。そのため、1錠あたりの価格が非常に高額となっています。
安価なジェネリック医薬品が販売されるようになったことで、患者さんにとっては治療薬の選び方が広がり負担軽減につながると言えます。

ED治療は早めに始めることが大事

日本人のED患者は推定で1,800万人とされ、成人男性の実に3人に1人はED症状があるといわれています。有病率は30代前半から70代と幅広く、40代・50代から一気に増加します。
EDの症状には、たまに性交渉ができない「軽度ED」、勃起が十分ではなく中折れをしたり時々性交渉が行えない「中等度ED」と、勃起状態にならないため全く性交渉ができない「完全ED」の3つのレベルがあります。
専門クリニックが公開している日本人の世代別ED有病率データによると、40代までは軽度・中等度EDがほとんどですが、50代から完全EDの症状が現れる人も出始め、50代半ばから一気に半数程度まで増加しています。
また、2000年に実施されたEDに関するアンケート(対象:30歳~79歳)によると、EDの自覚がある男性は29.9%で、性生活に満足しているかという問いにおいては、EDを自覚していない男性は61.8%が満足と答えたのに対し、EDを自覚している男性では28.7%程度しか満足している人がいませんでした。
EDに悩む男性が医療機関を訪れる人数は90万人程度といわれており、その割合は患者数全体のわずか4.8%にとどまっています。
なぜ、EDを自覚し、かつ性生活で満足できない状態が続いているにもかかわらず、医療機関を受診しないのかというと、「命に関わる病気とは違い、日常生活には何ら支障をきたさないから」「性行為にそれほど関心が強くないから」「デリケートな問題でもあり、医師に相談するのが恥ずかしいから」などという理由で、治療を行わないといいます。
できれば、そのまま放置したいという気持ちも分かりますが、EDは年齢を重ねていくとどんどんと悪化していきます。現在は、十分とは言えなくても勃起はする状態だったとしても、何も治療を行なわないとそれが原因となって完全EDに進行してしまう可能性があります。愛する人がいるのに、まったく勃起しなくなってしまってはとても悲しいです。

パートナーのためにも早期治療をしましょう

EDは自分だけの問題と考えている男性もいますが、パートナーがいる場合、その女性も同様に満足できる性生活を送れないということになります。実際、ED治療を行っているクリニックに、パートナーが内緒で相談に来るケースも少なくありません。
ED治療は自覚した時点で治療を始めれば、症状の悪化を防ぐことは十分に可能です。治療薬もバイアグラのジェネリック医薬品のほかにも、即効性・持続時間などによって種類があり、選び方も選択できるようになっています。
愛する人ができれば、その人と愛し合いたい、家族を作りたいと思うのが自然です。そうなったとき、EDが原因でそれが実現できないとなるときっと後悔します。
EDは日本では3人に1人の割合で発症する病気であり、決して恥ずかしいことではありません。将来、後悔しないためにも、早期治療を行いましょう。

関連ページ