SMO対策は必須の時代!その利点とは?

SMOの必要性が年々高まっています。
数百万人を超えるユーザーアカウントを持つTwitterやFacebook、MixiやGoogle+といったSNSへの対策を講じなければ、ユーザー獲得機会を逃してしまいます。
ソーシャル・メディア・オプティマイゼーションの頭文字を取ったSMOは、SNSの特徴であるコミュニティを通したコミュニケーションを通じて被リンクしてもらおうという取り組みです。

SNSユーザーらに被リンクしてもらうことのメリットは、口コミを通じて拡散してもらえることでしょう。
「このサイトがおもしろい」といった口コミがコミュニティで共有されたり、そう感じたユーザーらに被リンクしてもらえば、多くのユーザーらが口コミや被リンクを拡散します。
それを見たユーザーらが更に口コミや拡散してユーザーが訪れる相乗効果メリットを期待できるので重要度が高くなっています。
コミュニティが大きければ大きいほど、多くのユーザーの目に触れる機会が拡大することがSMOの特徴です。

特に数万から数百万人のユーザーらにシェアされている有名人から「これ、おいしい」や「おもしろい」といった被リンクを受ければ、サイト訪問するユーザーが激増することも珍しくありません。
TwitterやFacebook、MixiやGoogle+を始めとするSNSは拡大し続ける中、SMO対策の必要性も増しています。

SMOからの被リンク構築のデメリットについて

SMO対策による被リンク構築のデメリットとして短期的な効果であることや炎上リスクがあります。
SNSは驚くべき速度で日々更新されており、昨日話題になったことでも翌日には別の話題に切り替わるなど、流行り廃りが極めて早いため、短期的には効果があっても、長期的には効果が見込めないというデメリットがあります。
その対策として継続的なコミュニュケーションするのが基本となりますが、この場合だと炎上リスクが生じます。
思いがけない一言やちょっとした不注意な投稿がユーザーからの反感をかったり、誤解されたり、批判を招くことがあるのです。
炎上すると反感や批判の口コミが被リンクされたり、口コミされることでユーザーらに拡散されてしまうため、燎原で燃え広がる炎のように瞬く間にコミュニティ内外に拡大します。

また炎上リスクはコミニュティユーザーが多いほどに規模も大きくなるため、いたずらに規模拡大を目指すことはデメリットにもなるのです。
SMOの目的はサイトに訪れてもらってサービスや商品を購入してもらうというコンバージョンにあります。
100万人のコミュニティに1つのコンバージョン、1万人のコミュティに1つのコンバージョンとするなら、後者のほうがコンバージョン率が高くなります。
いたずらに規模を追わず、確実なコンバージョンを目指す適正規模なSMOが求められます。