SEOのためにキーワードに合わせたサイト構築が重要

SEO最適化について説明する男性

サイトやブログに訪れてもらうためのSEO最適化として、URLに短いキーワードを加えて出現率を上げる方法があります。
Googleのクローラーはサイトやブログ内のコンテンツだけでなく、URLまで検索してインデックスの対象としており、URLに短いキーワードを入れることで出現率に良い影響を与えます。
例えばURLキーワードに「コーヒー」や「クリスマス」などのキーワードを入れると、他のサイトやブログよりも出現率が上昇するため、多くのユーザーに閲覧される機会になります。
キーワードは日本人向けの場合は可能な限り日本語や多くの方に知られている英単語を使うのが一般的で、単語と単語は-(ハイフン)で接続するとクロールされやすくなります。

また分散率も考えておきましょう。
1つのIPアドレスやドメインからの被リンクが複数があると不自然と判断され、検索結果で良い影響を与えません。
そのため被リンクは1つIPアドレスに1つのリンク、1つのドメインから1つのリンクといったように分散し、広く薄く分散することを心がけましょう。
URLに短いキーワードをつけ、被リンクの分散率を高めたあとは、SEO最適化のチェックツールを活用してサイトやブログを評価してください。
評価が低い場合はURLキーワードを見直したり、被リンクの問題がないかなどをチェックし、必要とあれば否認ツールなどを使って被リンクの無効化をします。

ロングテールキーワードをサイトに組み込もう

ニッチなキーワードを含んだロングテールキーワードを活用しましょう。
ロングテールキーワードとは「ダイエット運動おすすめ」「ダイエット方法」のように複数の単語を組み合わせ、ある問題に対する解決策や対応策、一定範囲のニッチなコンテンツです。
ビッグワードよりも検索結果は少ないですが、検索ユーザーの80%がロングテールキーワードを使ってサイトを訪れているため、一定の検索ボリュームがあります。

ロングテールキーワードのメリットは、競合の少ないスモールワードを組み合わせることで特定分野に特化し、結果的に検索順位が上がることです。
競合の多い「ダイエット」などの単語によるビッグワードに比較すると独自性を示しやすくなっており、いわゆる細分化による差別化や区別できます。
ロングテールキーワードでSEO最適化を目指す際には、サイトやブログの全てのページに対して1つ~2つのキーワードを含むコンテンツを作成することがポイントになります。
全てのページに共通したロングテールキーワードを採用すると検索アルゴリズムでコンテンツの有益性が認められやすくなります。

ビッグワードやスモールワードを組み合わせたコンテンツを作成したら、コンバージョンを欠かさず行ってください。
コンバージョンをつかうとサイトに訪れて目的に達成するまでのステップを分析できるので、検索ボリュームのあるロングテールキーワードを選ぶのに役立ちます。