Googleのペナルティを受けやすい被リンクの特徴

Googleペナルティについて考える男性

SEO対策に重要な「被リンク」ですが、Googleのペナルティを受けやすい被リンクにはいくつか特徴があります。
例えば、アンカーテキストに目標キーワードを入れることはSEOの基本対策のひとつとされています。
作為的にランキングアップを目指してアンカーテキストが同じキーワードだらけになってしまうと、かえってネガティブな評価となって検索順位を落としてしまいかねません。
また、文章を自動生成し、キーワードを盛り込んだ記事をすばやく作り出すのが特徴のワードサラダですが、現在では逆効果といえます。
現在のGoogleのクローラーは優秀で、通常の記事のような意味のある文章と、ワードサラダのような意味のない言葉の羅列を見抜くことができます。
そのため、無意味な記事を多く作成していると、不自然だと評価されるばかりか、インデックス上から削除されてしまうこともありえます。

隠しリンクも同じくガイドライン違反となります。
作為的に背景色と同じ色の文字を多用したり、文字を画像で隠したりといった方法は、もし製作者にそのような意図がない場合でも隠しリンクとしてペナルティを受ける可能性が高いので注意が必要です。
他に、SEOを目的とした相互リンク集がコンテンツとしてあることで、サイトの評価が下がる場合もあります。
反対に、質が低いと判断されたサイトから相互リンクを受けている場合も検索順位が下がってしまうこともあります。
相互リンク集という形でなく、関連性のある充実したコンテンツを目指し、リンクを適切に構築していくことで効果が期待できます。

ペンギンアップデートを参考にしよう

「ペンギンアップデート」は、リアルタイムに更新されるGoogleの検索アルゴリズムのアップデートのひとつで、ガイドラインに違反しているサイトの検索順位を下げることが目標とされています。
特に順位操作を目的としたスパムリンクなどが対象になり、被リンク元の内容を分析することで、スパムリンクとみなされたリンクを無効化することが可能になっています。
そのため、現在ではSEO対策として、このペンギンアップデートをうまく参考し、悪質だと判断されないような被リンクの設置法を検討していく必要があります。

まず基本的な重要ポイントは、サイトと関連性の高いコンテンツの被リンクを設置するということです。
上位を目指すには、内容に独自性・専門性のあるドメインからの被リンクを置くことが重要になってきます。
例えば「航空系会社のサイトであれば航空系の記事」といったように、自然なリンク構築ができるようになると検索順位は上がります。

また、相互リンク集のようなものではなく、Googleの検索アルゴリズムの評価が高いサイトから被リンクを受けることもSEO対策には効果的です。
質の高いサイトに被リンクを受けることで、Googleは被リンク元のサイトも質が高いと判断しますので、インデックスが上位に上がってくることになります。

絶対にやってはいけないのが、過剰な相互リンクや隠しリンクといったスパム行為です。
ペンギンアップデートはアルゴリズムが自動的にリンクを評価するリアルタイム更新ですので、質の低い、順位操作だけを目的にしたリンクは検索エンジンに無効化され、すぐに検索順位に反映されてしまいます。
もし順位が下がってしまった場合でも、何がダメだったのかを今一度しっかり確認し、はやめに手直しを加えてリカバリーを目指すことが重要です。