更年期障害で性欲が減退しているならフリバンセリン

女性用性的興奮剤と呼ばれているフリバンセリンという薬があります。
この薬はもともと抗うつ剤として開発されましたが、期待された効果を得ることができませんでした。
しかし服用時の副作用の一つとして性欲が増大することが認められたため、その後、更年期障害などによって引き起こされる、性的欲求低下障害を改善するための薬品として承認されました。
更年期障害の影響を受けて体内ホルモンのバランスが乱れると、ドーパミンの分泌が著しく減少し、それにより性的欲求が減少します。
フリバンセリンは女性器や子宮の血行を良くして感度を高めるというような作用ではなく、脳内のドーパミンの分泌を向上させるので、性的欲求そのものが刺激されます。
服用後は脳にダイレクトに作用する薬なので効果は絶大です。フリバンセリンの服用によって期待できる効果ですが、脳内ドーパミンの活性化の向上と、ドーパミンの働きを阻害するセロトニンの分泌を抑える働きがあります。
それによって、低下してしまった女性の性欲の増加が期待できます。女性側の原因によるセックスレスでお悩みの方々にとってはフリバンセリンは心強い味方です。
大切なパートナーとの健全な性生活を取り戻すことができるチャンスです。何よりもこれがフリバンセリンから得ることができる最大の効果ではないでしょうか。
もちろん性欲増大にこれだけ効果を発揮する強力な薬ですから、その反面さまざまな副作用が考えられます。
ではフリバンセリンには実際どのような副作用があるのでしょうか。フリバンセリンの主な副作用は、失神、吐き気、めまい、眠気、低血圧などが挙げられます。
やはりもともとは抗うつ剤として開発されたわけですから、抗うつ剤の代表的な副作用と同じ症状が出やすいのです。
また、このフリバンセリンは直接脳に働きかける作用があるので、ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンの自然な働きに影響を与えてしまいます。
それによって、それぞれの分泌活動のバランスが乱れやすくなってしまうのです。この分泌系の乱れというのは、心の状態に大きく影響を及ぼします。
情緒不安定になったり、うつ状態になってしまう場合もありますので服用するときは十分に注意しましょう。
フリバンセリン服用に関して少しでも疑問があれば、専門の医師に相談することが大切です。
きちんと説明を受け、理解したうえで正しく使用しましょう。使用量をしっかり守り、軽はずみな乱用は絶対にしてはなりません。
正しく使用すればきっと素敵な性生活を送ることができるでしょう。

更年期障害による症状とは

更年期障害というのは、加齢によってホルモンのバランスが乱れてしまい、体や心に様々な不調が起きることで、自律神経失調症と呼ばれるものの一つです。
男性の更年期は、個人差がありますが、40代半ばくらいから少しずつ始まるといわれています。
若いころと同じようにできなくなった、集中力がなくなった、とにかく疲れやすくなった、何もやる気がしない、などが挙げられます。
男性ホルモンが減少してくるので、精力が激減して、勃起力にも勢いがなくなってきます。
男性にとってはこの勃起力というのは自分の自信の象徴ですので、女性に対して積極性がなくなります。
男性の場合、精力は減りますが、性欲自体はまだまだ残っている場合が多いので、精力剤の使用や医療によってそれを補おうとします。
女性の更年期は、これもまた個人差はありますが、だいたい40代後半頃といわれています。
更年期障害によって卵巣機能が衰え始め女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少して月経異常や月経不順が続きます。
更年期に入り卵巣からのエストロゲンの分泌量が減ると、脳がこれはいつもと違う状況だと判断し、卵巣にエストロゲンの分泌を促します。
しかし力の衰えた卵巣にはもうその力は残っていません。この行き違いによってホルモンのアンバランスが発生します。
女性は性的欲求が減少することに対して男性ほどの抵抗はないそうです。それが更年期以降からセックスレスな生活になりがちになってしまう主な原因となっています。
主な症状として肉体的には、目まい、動悸、身体の火照り、異常発汗、コレステロールの増減など様々な症状が現れます。
精神的な面だと、イライラすることが多くなる、怒りっぽい、無気力感、喪失感、絶望感などを強く感じる、などが挙げられます。

関連ページ