女性用バイアグラのラブグラは不感症に効果的

ラブグララブグラはインドの製薬会社が製造している、女性用バイアグラのジェネリック医薬品です。医薬品には成分特許と製法特許の2種類が存在します。
インドでは製造特許のみ認められているので、成分は同じでも製法は異なればジェネリック医薬品を製造できます。
女性用バイアグラであるラブグラは輸入代行サイトを通して購入でき、価格は1錠あたり300円ほどと安価です。
ラブグラには有効成分としてシルデナフィルが含まれています。シルデナフィルは男性の勃起不全を改善する効果がある成分です。
血管を拡張する効果があり、ペニスへの血流量を増やして勃起しやすくします。
女性のクリトリスは男性のペニスと同様の構造を持っており、ラブグラを服用すると勃起しやすくなります。
ラブグラは女性の性器周辺の血流量を増加させ、膣分泌液を増やすことで不感症や絶頂不全を治療します。
女性用バイアグラは媚薬と勘違いされるケースも多く見られます。しかし女性用バイアグラは媚薬ではなく、ラブグラを服用しても、直接的に性欲が強まる効果はありません。
媚薬は性欲を高める効果があるとされます。一方女性用バイアグラは、性器周辺の血流量を増加させ不感症や絶頂不全を改善するという点に違いがあります。
クリトリスは女性の身体の中でも最高の性感帯とされています。ラブグラを服用してクリトリスを刺激すると、敏感に勃起して性的刺激を感じやすくなります。
また性器周辺の血流量が増えて膣分泌液の量も増えるので、性行為をスムーズに行うことができます。
女性用バイアグラのラブグラは1錠あたりが100mgと大きいので、実際に使用する場合にはピルカッターを使用して半分か4分の1にすると合理的です。
ラブグラは軽度の副作用が発症する場合があります。副作用は皮膚発疹などアレルギー症状の他に、顔のほてりや頭痛、動悸、血圧低下によるめまい、消化不良などです。
鼻詰まりや視覚異常、不眠、下痢などの症状が現れる場合も存在します。

男性用バイアグラは女性は使わない方がいい?

女性用バイアグラには有効成分としてシルデナフィルが含まれています。シルデナフィルは男性用と同じ成分なので、女性が男性用のものを服用しても基本的に問題はありません。
性器周辺の血管を拡張して血流量を増やすという効果は全く同じです。
女性用バイアグラとして一般的に流通しているラブグラは、インドで製造されているジェネリック医薬品なので価格が安いという特徴があります。
男性用には50mgと100mgが存在します。50mgの価格は1錠あたり1200円から1350円で、100mgの場合は1300円から1450円です。
ジェネリック医薬品であれば100mgのものが1錠あたり200円から400円ほどで購入できます。
ジェネリック医薬品であれば、男性用でもラブグラと同じか安い価格で購入可能です。女性用バイアグラは不感症や絶頂不全に効果がありますが、様々な副作用も存在します。
また有効成分のシルデナフィルは血管を拡張する効果があるので、血圧に関係する多くの医薬品との併用が禁止されています。
高血圧・低血圧の場合や、重い肝臓障害がある場合、網膜色素変性症の場合、心臓病を患っている場合などもラブグラを服用できません。
ラブグラは病院で処方してもらうのではなく、個人輸入代行サイトで購入するのが通常です。服用する場合には副作用や併用禁止の医薬品、血圧や肝臓障害などに注意が必要とされます。
女性用バイアグラに含まれる有効成分のシルデナフィルは、男性用にも含まれており効果も同様です。そのため女性が男性用を服用しても問題はありません。
ただし副作用なども女性用バイアグラと同様です。何らかの異常を感じた場合には、服用を止めて医師に相談する必要があります。

関連ページ