女性の不感症は男性側の理解も重要

不感症の女性は多く存在します。男性側としては、女性器に触れて相手を気持ち良くする事に喜びを感じる事が多いため、不感症の女性を受け入れられるかが重要です。
原因としていくつかあげられますが、体質の可能性があります。女性器の中でも特に感じやすいとされるクリトリスを触っても、あまり感じない女性は、体質を改善する事を考える必要があるかもしれません。
不感症の女性は、女性ホルモンの分泌が少ない事があります。また、冷え性も原因の一つです。
普段から、豆乳などの女性ホルモンを増やす食材を摂取し、運動や温かい食べ物で体を温めると良いでしょう。
また、冷え性の場合、ベッドに入る前に部屋の温度を少し上げておくと安心します。また、別の原因として、精神的な要因があげられます。
女性器を触られるのが怖い、不感症である事が男性側にばれるのが怖いなど、感じる事に恐怖を覚える女性もいます。
彼女と安心して雑談している男性そのような場合、男性側の理解を得た方が安心でき、またパートナーと信頼関係を築く上でも重要なのでよく話し合う事をおすすめします。
その上で、前触れに長い時間をかけます。まずは、お互いストレッチをして体を温めることでリラックスしたり、キスをしたり、楽しい時間を過ごす事が精神的な余裕を生み出します。
徐々に気分が高まってきたところで、男性は女性器に触ります。最初は、クリトリスに優しく触れる程度にします。
女性が感じていないように思っても、焦って強くこすったりしてはいけません。心が落ち着いている場合、クリトリスに時間をかけて触れてもらう事で段々と気持ちよくなります。
不感症の人は、感じるまで時間がかかるので、早く相手を気持ちよくさせたいと焦ってしまう男性は、女性のペースに合わせる努力が必要不可欠です。
クリトリスで気持ち良くなった後は、徐々に指を動かしてもらうと良いでしょう。途中で緊張しないように、深呼吸をしながら心を落ち着かせる事を心がけると良いです。

過去のトラウマが原因の時はどう解決していくべきか

女性ホルモンの不足や冷え性など、体質が原因で不感症になった場合はこのように改善策がありますが、中には過去のトラウマが原因で不感症になってしまった女性もいます。
例えば、嫌いな男性に無理やりベッドに寝かされたり、襲われたりして痛い経験をした女性は、好きな人と一緒に居ても過去の記憶がよみがえってしまう場合があります。
恐怖心を隠したまま男性と過ごすのは苦痛だと思うので、必ず男性に気持ちを話し、理解してもらう必要があるでしょう。トラウマによる不感症は、克服するのに時間がかかると言われているので、ゆっくりと時間をかけて慣れる必要があります。
まず、ベッドに入る前は精神的にリラックスするため、シャワーを浴びたり好きな音楽を聴いたりストレッチをしたり、落ち着くよう心がけます。特に、ストレッチは体の緊張をほぐすので男性と一緒に行うのがおすすめです。
次に、前触れの段階でしっかりコミュニケーションを取る事が重要です。この時点で恐怖を感じてしまう女性も少なからずいます。
そのため、女性側は自分の気持ちをしっかりと伝え、男性も顔色などをうかがうようにしてください。女性がリラックスしたのを確認した後も、いきなり女性器に入れるのではなく、まずはクリトリスを優しく触ってください。
男性側は、この時も女性が精神的な苦痛を感じていないかどうかをしっかり確認するようにしてください。もし、女性がトラウマを思い出してしまっていたらそこで終了してください。
男性側としては、面白くないかもしれませんが、焦ってはいけません。このように、相手に合わせる事を意識すれば、女性の精神的ダメージは段々と薄くなり、不感症を克服できる日が来るかもしれません。

関連ページ