低価格中古ドメインには気を付けよう!

中古ドメインを探している男性

中古ドメインを探していると、やけに低価格で販売されているものがあり飛びつきたくなりがちですが、低価格というだけで中古ドメインを選ぶのは非常に危険なので注意が必要です。
なぜかというと、低価格で売られている中古ドメインは当然低価格な理由が存在していると考えられるからです。
具体的にどのような理由が存在しているのかですが、最も多いのがペナルティを受けているドメインであったりスパム判定を受けているドメインであるということです。
ペナルティやスパムの原因は様々ですが、このような判定をされているということはそのドメインの品質が非常に低いということが言えます。
品質が低いドメインでは中古ドメインでSEO対策を行いたいと思っていても、その目的を達成することが出来ずに無駄になってしまいます。

また、適正な価格で販売されている中古ドメインでされば、何かトラブルがあった場合に保障を受けられることも多いです。
しかし、低価格で販売されている中古ドメインの場合、保障を受けることが出来ないことが多いのです。
ペナルティやスパム判定を受けていて保障も受けられない中古ドメインを購入するのはSEO的にはかなり絶望的なものなので集客をすることは難しく目的の達成は困難です。
無駄な作業が増えるだけなので事前によく調べてから購入することが大切になります。

ペナルティやスパム中古ドメインか確認しよう

中古ドメインを購入する時は、購入を検討している中古ドメインがGoogle検索エンジンなどからペナルティやスパム判定を受けていないかどうかツールを使用して確認した方が安全です。
どの様なツールがあるのかですが、手軽に利用できるものにaguse.jpがあります。
aguse.jpは対象のURLを入力するだけでMETAタグやサーバーなどの基本的な情報が見られるので、まず最初に確認しておきたいところです。

また、Internet Archiveを閲覧するのも効果的でしょう。
Internet Archiveを見ることで、そのドメインで過去にアダルトサイトやギャンブルサイト、偽ブランドサイトなどが運営されていなかったかを確認する事が出来ます。
過去にアダルトサイトやギャンブルサイト、偽ブランドサイトなどが運営されていたドメインの場合、Google検索エンジンに登録されない可能性もあるので十分確認しておきたいポイントになります。

これらの情報は「Majestic SEO」を使用することでも調べることが可能です。
Majestic SEOは被リンクの検出数が多いのが特徴のツールなので、他のツールでは拾いきれなかった情報も確認することが出来ます。
被リンクの数だけでなくどの様なテキストでリンクされているかなど詳細な分析が可能なので中古ドメイン選びには欠かせないツールとなります。