中古ドメインをSEO対策に活用しよう

中古ドメインを登録する男性

サイト制作やブログで少しでも早くSEO対策をする方法の一つに中古ドメインを自分のパソコンに登録するという方法があります。
なぜ新規ドメインではなく中古ドメインなのでしょうか。
中古ドメインとは過去に誰かがサイトが運営されていて、被リンクなどを受け継いだドメインのことを指します。
なので、中古ドメインとはSEO対策が万全なドメインのことをいいます。
中古ドメインを取得することでサテライトサイトやアフィリエイトにメディアサイトなど様々なサイト制作にメリットがあります。
もし過去サイトの被リンクやページランクが高順位の中古ドメインの場合、その功績をそのまま引き継ぐことが可能なため、アフィリエイトを一から始めるより早く稼ぐことができます。
そのことからアフィリエイターやメディアサイトの経営者などに人気があります。

SEO対策することで多くの人が閲覧する機会が高まるので、Googleが本格的に不正サイトを取り締まる前はサテライトサイトを複数作って本サイトの被リンクを上げる方法が中にはありました。
しかし、サテライトサイトを良質なものに作り変えればなんの問題もありません。
一般的にサテライトサイトに中古ドメインを利用するのが今も昔も有効的な検索上位に上がるための方法です。
次の段落で良質な中古ドメインの習得の仕方を紹介します。

良質な中古ドメインの取得の仕方

中古ドメインを取得する場合、なんでも良いという訳ではありません。
中には被リンクや質がよくないのも少なくありません。
質が良くない中古ドメインとは過去にGoogleペナルティを受けたことがある、悪質なツールで販売されていることや極端に費用が安いなどのことを指します。
その中古ドメインの見分け方はページランクや被リンク分析ツールやペナルティ確認ツールなどを見ればどれが良質なのか大体わかるようになります。

ページランクは最大7段階に分かれており、費用は数10円から30万円まで幅広く値段が設定されています。
ハズレのない中古ドメインは五千円代のページランク3以上といわれています。
しかし、値段が高くても質が悪い中古ドメインの可能性があります。
より安心を求めたいのであれば口コミ等で信用されている習得ツールや検索ツールを使うのが一つの手です。
その検索ツールを使えば過去に運用していたサイト名やペナルティの有無やとのサイトからリンクされているかなど対象の中古ドメインに関することがわかるようになります。
それでも不安な人はIP分散確認ツールでチェックするという方法があります。
それを利用することでドメイン年齢という初めてドメインが発行されてから経過した年数やIPがどのサイトに分散されたかわかるIP分散率がわかるようになります。
以上のことを踏まえて中古ドメインを取得するとより効率的にSEO対策をすることができます。