バイアグラジェネリックのシラグラとゼネグラ

バイアグラを病院で服用してもらうと、診察代や交通費などがかかって高くなるので、もっと安い薬で済ませたいと思っている方は少なくありません。
そんな方にはバイアグラジェネリックがおすすめなので、自分に合うものを選ぶようにしてください。シラグラは、インドの製薬会社シプラが製造販売しているバイアグラジェネリックです。
主成分のシルデナフィルを含有している点はバイアグラと同じですが、格安で購入できるのが魅力です。
シラグラはEDの主な原因である酵素の働きを阻害するPED-5阻害剤なので、血管を拡張させて、陰茎に十分な血液を送り、正常な勃起に導けます。
ゼネグラは、急成長中の製薬会社のアウロケムが製造販売しているバイアグラジェネリックです。バイアグラと同じ有効成分のシルデナフィルを含有しているので、同じような効果を期待できます。
格安で購入できるので、高いバイアグラは続けられないという方におすすめです。
スハグラはインドの製薬会社シプラ社が製造販売しているバイアグラジェネリックです。スハグラの成分はバイアグラと同じシルデナフィルなので、バイアグラを服用したときと変わらない勃起効果を期待できます。
値段も安いので、バイアグラよりも続けやすいと多くの利用者に好評を得ています。
シラグラやゼネグラ、スハグラなどバイアグラジェネリックはどれもバイアグラと同じ有効成分のシルデナフィルが配合されています。シルデナフィルには海綿体への血液の量を増やして、十分な勃起を促し、キープさせる働きがあります。
勃起不全の原因はPDE5という酵素ですが、シルデナフィルはそれを阻害できるので、性交前に服用するだけで正常な勃起を行うことが出来ます。
バイアグラジェネリックを服用するときは、空腹時を選ぶようにし、性行為の約1時間前に経口投与してください。その後は4~6時間ほどは効果が続くので、パートナーとの性行為を存分に楽しむことが出来ます。
ただし服用は1日1回と定められているので、服用後は必ず24時間以上空けることが大切です。

バイアグラジェネリックが合わない場合は使用を中止

シラグラやゼネグラ、スハグラなどのバイアグラジェネリックは、価格が安いので人気があります。
病院に行くと診察代や交通費で余計なお金がかかるので、薬だけが欲しいという方にはおすすめですが、薬には副作用があるということを理解してから使用するようにしてください。
病院でバイアグラを処方される場合は、医師が診察や検査を行い、安全を確認してから処方しています。しかしシラグラやゼネグラ、スハグラなどの購入は自己責任なので、世間的には安全が認められていても、自分の体には合わない場合があります。
合わない薬を無理に飲み続けるのは危険なので、深刻な副作用が起こった場合はただちに使用を中止し、病院で診てもらうようにしてください。
バイアグラジェネリックを服用したときの副作用は、めまいや頭痛、ほてりなどですが、これは血管が拡張して血流が良くなったためです。
ゆえに薬の効き目とともに治まる場合がほとんどですが、もし長引く場合は病院を受診するようにしてください。頭痛がひどいときは市販の頭痛薬を飲むことで抑えることも出来ます。
副作用には他にも、鼻づまりや下痢、消化不良、胃のむかつき、視覚異常、興奮、不眠、などの症状が報告されています。軽度の場合はどれもじきに治まりますが、深刻な場合は使用を中止するようにしましょう。
バイアグラジェネリックには、ニトログリセリンや亜硝酸アミルなどの併用禁止薬があるので、心配な場合は調べてから購入するようにしてください。併用禁止薬とともに飲むのは危険なので、絶対にやめるようにしましょう。
安全にバイアグラジェネリックを利用したいときは、説明書をしっかり読むことが大切です。ジェネリック医薬品は種類が多いので、いろいろ試して、自分に合ったものを使いましょう。

関連ページ