シアリスジェネリックのタダリスとタダシップの違い

シアリスはヨーロッパで開発された勃起不全の治療薬です。日本では2007年7月に承認され9月から販売されています。
シアリスには有効成分としてタダラフィルが含まれています。一般的な勃起不全の治療薬とは化学構造が異なるため、効き方や持続時間に違いがあります。
シアリスは服用後3時間ほどして効果が現れ、最大で36時間ほど効果が持続します。一般的な勃起不全の治療薬が服用後30分ほどで効果が現れ、服用量に応じて5時間から10時間ほど効果が持続するのとは大きく異なります。
シアリスは遅効性と最大36時間という長い持続時間が大きな特徴です。一方血管拡張効果によりペニスの血流量を増やし、勃起不全を改善するという働きは他の治療薬と共通しています。
シアリスにはタダリスなどのジェネリック医薬品が多く流通しており、安価に勃起不全の治療ができます。
本家のシアリスは一般的な病院でも処方してもらうことが可能です。服用法としては性行為の3時間前に飲むのが理想的とされます。
シアリスには食事の影響を受けづらいという特徴もありますが、空腹時に服用するのが効果的な服用法です。
個人輸入代行サイトでもシアリスを購入できます。一般的なシアリスの価格は20mgのものが1錠あたり1450円から1600円ほどです。
タダリスのようなジェネリック医薬品であれば、20mgのものが1錠あたり400円から500円で購入できます。
タダリスなどジェネリック医薬品にも有効成分のタダラフィルが含まれており効果や服用法も同様です。ジェネリック医薬品はインドの製薬会社が製造しています。
特許には成分特許と製法特許がありますが、インドでは製法特許のみ認められているので、製法が異なる同じ成分のジェネリック医薬品を安価に製造・販売できます。
タダリスなどジェネリック医薬品は、タダラフィルが含まれているのでどれも効果が同じです。しかしシアリスのジェネリック医薬品は人気があり、偽物も多く流通しているので購入する場合には信頼できる個人輸入サイトを選ぶ必要があります。

ジェネリックを選ぶ方法は使ってみるのが一番

タダリスなどシアリスのジェネリック医薬品は、全て有効成分のタダラフィルが含まれています。有効成分が同じなので効果や服用法も同じです。
ただし勃起不全を改善する効果だけでなく、副作用も同じように現れる可能性があるので注意が必要となります。
シアリスは病院でも処方してもらえるので、副作用や併用が禁止される他の医薬品などが心配な場合には医師と相談する方が合理的です。
タダラフィルの副作用としては頭痛やほてり、消化不良、めまい、鼻詰まり、下痢などがあります。
基本的に副作用は軽度なものですが、個人輸入代行サイトで購入した場合などで異常が現れた場合には服用を止めて病院で診察を受ける必要があります。
シアリスには硝酸剤や一酸化窒素供与剤など、併用が禁止される薬があるので注意が必要です。タダラフィルは血管を拡張する効果があるので、血圧と関係する医薬品と併用すると危険な場合があります。
また低血圧や高血圧、心臓疾患、肝臓障害などを患っている場合も服用できません。
個人輸入代行サイトを利用すればタダリスなどのジェネリック医薬品を安価に購入できます。コストを抑えて勃起不全を治療するならば、タダリスなどを利用するのが合理的です。
しかし初めてタダラフィルを服用する場合など、安全性に不安がある場合には医師の指導を受ける必要があります。
個人輸入代行サイトでは、タダリスなどインドで製造されたシアリスのジェネリック医薬品を注文できます。ジェネリック医薬品を選ぶには、まず信頼性の高いサイトを見つけることが重要です。
また価格だけでなく、実際に使用してみて自分の体質に合っているかどうかを確認する必要があります。最初は病院で本家のシアリスを処方してもらい、安全性が確認できたらタダリスなどを購入するという方法も考えられます。

関連ページ